• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

チャットサポートでお問い合わせ

よくあるご質問(FAQ)

  • No : 786
  • 公開日時 : 2020/04/17 16:37
  • 印刷

妊娠・出産のための入院は、給付金の支払対象になりますか?

回答

妊娠・出産のための入院については、ご請求対象となる場合とならない場合があります。 
 
【ご請求対象となるケース】 切迫早産や帝王切開などに伴う治療目的の入院(健康保険が適用される入院)で、かつご契約上の必要入院日数※を満たしている場合には、入院給付金のご請求対象となります。  
 
【ご請求対象とならないケース】 通常の妊娠や出産(正常分娩など)に伴う入院で、疾病の治療を目的としない場合は、入院給付金のご請求対象となりません。 ただし、妊娠・出産で数日間入院されたとき、その入院に、①「健康保険が適用された期間」と②「健康保険が適用されなかった期間」がある場合、①の期間を疾病の治療を目的とした入院としてお取扱いいたします。 そのため、妊娠・出産のための入院について入院給付金をご請求いただく場合には、「健康保険が適用されなかった期間」を確認させていただくために、当社所定の診断書のご提出をお願いしております。
 
≪事例≫
妊娠中毒症の治療による入院で、入院7日目に正常に出産され(この期間、①健康保険の適用あり)、翌日以降も継続して6日間入院し(この期間、②健康保険の適用なし)、退院された場合、①健康保険の適用のあった7日間がご契約上の必要入院日数※を満たしている場合は、ご請求の対象となります。 ※必要入院日数はご契約内容により異なります。こちらより特約名等による保障概要をご確認いただけます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

生命保険の社会的役割を自覚しつつ、社会との調和ある持続的発展を通じて、お客さまから最も支持される生命保険会社を目指します。 Copyright (c) THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED. All Rights Reserved.