• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

チャットサポートでお問い合わせ

よくあるご質問(FAQ)

  • No : 717
  • 公開日時 : 2019/01/15 08:30
  • 更新日時 : 2020/08/08 16:44
  • 印刷

「水晶体再建術」(白内障の手術)を受けましたが、手術給付金の支払対象となりますか?

回答

ご契約内容により、ご請求対象となる場合とならない場合があります。

 

【ご請求対象となるもの】
「疾病特約(S56)」、「疾病特約(S62)」、「疾病特約D」、総合医療特約D「わんつーメディカル」、新総合医療特約D「医のいちばん」、新総合医療特約D(H22)「医のいちばんNEO」、無配当定期医療保険・無配当終身医療保険「メディカルエール」、「総合医療保険(無解約返還金)(2018)」など

なお、白内障に関する手術給付金、入院給付金のご請求については、ご契約者専用サイトにログインして、お手続きいただけますのでご利用ください。

 

 

【ご請求対象とならないもの】
「疾病特約」、「疾病特約(S51)」、「家族疾病特約(S51)」

 

※手術の保障有無については、生涯設計レポート、ご契約者専用サイトなどでご確認いただけます。

※「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」については、2020年4月1日より厚生労働省が定める先進医療から削除されました。したがいまして、ご契約日に関わらず、2020年4月1日以降に受けられた同手術につきましては、当社の「先進医療保険」「無配当先進医療特約」の給付対象とはなりません。なお、ご契約内容が【ご請求対象となるもの】の場合、手術給付金は引き続きご請求が可能です。
(詳細についてはこちらをご確認ください。)

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

生命保険の社会的役割を自覚しつつ、社会との調和ある持続的発展を通じて、お客さまから最も支持される生命保険会社を目指します。 Copyright (c) THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED. All Rights Reserved.